金融円滑法の期限切れに伴う住宅ローン破たん

金融円滑化法の期限切れに伴う住宅ローン破綻

いま住宅ローンを支払うことができず家を売却したいという相談が急増!

いま、なぜ住宅を売却しようという人が増えているのでしょうか?

2013年3月末、中小企業金融円滑化法が期限を迎えました。同法は金融機関に対して借入金の返済が苦しい人の条件変更に応じるよう求めた法律で「金融モラトリアム法」とも呼ばれ、2年間の時限立法で2009年に成立しました。その後2回延長され、いまに至りましたが実はこの法律、住宅ローンの借入中の人も同法の対象となっているのです。

この法律は「リーマンショック」の影響で借金の返済に困った企業や個人を救済するのが狙いでした。
住宅ローンは毎月決められた額を銀行に返済しますが、収入が減ると返済できないケースが出てくるため、その救済に活用されたのが金融円滑化法です。
同法を適用することができれば、毎月の返済額を減らしてもらえる仕組みです。
住宅ローンでの利用はこれまでに約27万件、実行総額は4兆円を超えており、今後、金融機関から返済額を従前に戻すよう求められ、破綻するケースが急増すると懸念されています。

中小企業金融円滑化法」に基づく返済猶予の実績調査

住宅ローン問題の悩みは、病気と同じです。「かぜ」は自然治癒ができても、癌、脳卒中など重篤な病気のときは専門医師の治療または手術を受けなければ完治することはできません。

いまローンの滞納が数ヶ月以上続いている場合は、人生で何度も経験することのない難しい問題で、重病である恐れがあります。この大きな問題解決を業務として運営する専門会社が「任意売却ホームズ」です。

このホームページをご覧いただき、専門家の適切なアドバイス(治療)を受け、一日も早く悩みのない以前の健全な生活を取り戻してください