【任意売却とは】任意売却について分かり易くご説明いたします。

任意売却とは

通常、住宅ローンの残っている住宅は、残高をすべて返済してからでなければ売却できません。
ですから、住宅ローン残高より物件の現在の価格が安い場合の住宅を売却したい場合は、
差額を現金で用意して住宅ローンを返さなくてはいけません。
差額が用意できない場合は、債権者と交渉して、同意を得たうえで不動産を売却することになります。
これが任意売却です。

任意売却の交渉について

任意売却の交渉は、簡単に言えば、「家を売ったお金でローンの残高を返済します。」というものです。
しかし
・債権者(借入先)は少しでも多く回収したいので、安過ぎる価格では売却に同意しない。
・不動産には相場(市場)価格があり、それを超える価格ではなかなか売れない。
という事情があるため、残りのローン(残債)をどうやって返済していくかといったことや
他にも、引越しの費用を確保したり、退去の時期を調整してもらったりといったことも交渉します。
残ったローンの返済方法については、柔軟に相談に応じてもらえる場合が多いですが、金融機関によっては、
返済計画の提出を求められる場合があります。

(例)ローン残高が2,200万円で住宅の価格が1,500万円の場合

「家を手放してローンを返さなければならないということは、競売と同じなのでは?」と思われるかも
しれませんが、競売と任意売却では、精神面でも経済面でも大きな違いがあります。
任意売却と競売の違いについては「任意売却のメリット」でご説明します。

あなたの現状について

あなたが住宅ローンを返済現状をご紹介しています。

あなたの現状

どんな解決方法があるの?

問題に対する最善の方法を考えてください。

解決方法

CUBE+