【任意売却のメリット】任意売却と競売の違いは明らかであり、大きなメリット・デメリットがあります。

任意売却と競売の違い

「家を手放してローンを返さなければならない」ということは、競売と同じなのでは?
競売と任意売却では、この様な違いがあります。

任意売却のホームズ

「家を手放してローンを返さなければならない」ということは、競売と同じなのでは?
競売と任意売却では、この様な違いがあります。

任意売却のメリット

◎売却価格が競売より高値。

物件の所有者・担保権者・買主が話し合いにより納得して売却するため、競売での強制的な処分より高値 で売ることが可能です。

◎引越費用の捻出や引越時期の相談が可能。

競売では引越費用を残すことができませんが、任意売却では、債権者と粘り強く交渉することにより、引越 費用を捻出することができます。引越時期についても、競売は引越時期の交渉はできませんですし、裁判所から強制執行という場合もあります。任意売却では、債権者と相談して時期を決めることも可能です。

◎近所の人に知られずに売却も可能。

競売になれば、裁判所のホームページや新聞や業界紙・インターネットに情報が掲載されますので、ご近所 や、周りの人に知れてしまいます。任意売却は、物件の所有者が合意の上売却するので、競売で落札する人々が、物件情報収集のため近隣に聞き込み等の調査が行われないので外部に事情を知られずに売ることが可能です。差押えや競売開始決定通知が届いている状況でも、早急に任意売却を進めることにより、開札までなら競売の取下げをおこなうことができます。

◎残債(残った借金)は分割払いが可能。

債権者には、任意売却で担保の抵当権はすでにありません。また債務者には今後支払い続ける資力がないこ とも承知です。したがって、収入状況や生活状況を十分考慮のうえ、現実的な返済方法での交渉を行い、無理のない分割払いが可能になります。

◎競売開始となっても任意売却に切り替えができる。

裁判所から差押えや競売開始決定通知が届いている状況でも、任意売却に切り替えることができます。
時間的猶予が入札までは4~6ヵ月程度しかありませんので、早急な対応が求められます。

◎債権者との難しい交渉は弊社が行います。

ご依頼者の状況、各種調査、売却物件の査定、全ての債権者との交渉まで全て一貫して弊社が行います。 詳しくは「ジャパンホームズについて」をご覧ください。

任意売却と競売の比較例

任意売却のメリットをご理解いただけましたか。
次に、「住宅ローン危険度テスト」で今の状況をチェックしてください。

あなたの現状について

あなたが住宅ローンを返済現状をご紹介しています。

あなたの現状

どんな解決方法があるの?

問題に対する最善の方法を考えてください。

解決方法

CUBE+